絵と創作から心育て/ゆったりアートヒーリング/創造力を学ぶ/大東市泉町
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      12日の子ども絵画教室
       
      楽しみにされてる方もいるかな〜〜〜?と思いつつですが、なかなか子どもの作品を撮影することができません・・・。


      携帯を高画素にしたのに・・・・。自分でもしまったな〜〜、といつも思います。



      な、訳で、今回も写真はありませんが、文章でお伝えしたいと思います。




      12日は、変なお天気でしたよね〜〜。暖かいのだけど、昼から豪雨が来るし。午前中は、ピーカンで、

      「お母さんが着ていきなさいって、コート着てきたけど、暑いから着ない!」と子ども達は言うし・・・・。



      アトリエの床暖だけでも、部屋が暖かくなり、エアコンは要りませんでした。


      午前中は、


      インフルエンザも治って来られたYちゃんとRくん。



      一言も無駄話なく、集中して画用紙に向かいます。こんなとき、いつも話しかける先生も「声をかけづらい・・」ので黙っています。



      内心は「ニヤニヤ〜」

      「いい感じ〜〜」です。



      R君は鉛筆画ですが、今回は本当に緻密に細かく、大判の画用紙、両面に「自分の世界」を表現してくれていました。


      指導と言う指導も無いのに、だんだん上手になる・・・・・。子どもの力は本当に凄いです。



      面白いもので

      「作品を持って帰る?」と聴くと


      ほとんどの子どもが

      「いらない〜。置いといて〜〜」といいます。RくんもYちゃんも・・・・。




      最初の頃は、

      「持ってかえって大事にしたら?」とか話していたのだけれど、そうではないことに最近気が付きました。


      子ども達にとっては、「描く事」「表現すること」は


      「手放すこと」なのでしょう。


      子どもといえども、日々のストレスはすごいと思います。と言うか、子どもの方が今の時代、ストレスが多いのかもしれません。ただ、ストレス・・・・という事を知らないだけ。



      「手放す」ために書いた画は、その時にはもう彼らには必要がない。だから、置いていくのでしょうか。



      そんな風に考えるこの頃です。




      置いていかれた絵や作品は半年ぐらいしてから


      「先生・・・あの時の絵どこ?」と聴かれることもあるので、1年は大事に保管しておくようにしています。


      成長と共に、「手放した」大事なもの。意味は解らなくても、子ども達の「心のまま」の行動には本当に感動させられてしまいます。





      さて、午後からも久しぶりに来てくれた年長さんと、新しく来られた年長さん。そして、娘の3人が生徒でした。


      まあ、娘は「美大受験」を視野に入れて、石膏デッサンを練習しているのですが・・・・・。

      おいおい・・・大丈夫かよ・・・って感じのデッサン。ついつい、感性より手法にこだわるので、なんとかこの辺がクリアしたいところですが・・・。



      さておき、流石、年長同士の2人は、早速、意気投合!


      今度は、共同で何か作る?って、提案してみようかな?なんて思いました。



      数年前は、幼稚園のお子さん6人ぐらいが来られた時代があり、その時は、2時間の時間をもてあます子供さんもいたのですが、最近・・・・・


      2時間では、時間が足りない・・・・そんな雰囲気です。


      時々、おやつの時間を忘れて、作品を作ります。



      100人100色・・・・。


      先入観を外して、教室の運営も考えていく時期かな?と思います。





      そうそう・・・・、子どもさんと一緒に塗り絵をされているお母さんもいい感じ〜〜なので、「親子」一緒にお絵かきが出来る・・・そんな時間も一度作るのもいいですよね〜。



      次回は、2009年最後のお教室


      12月26日です



      サンタさんはもう、帰ったころですね〜。プレゼントのお話が楽しみ!!





      私も密かに


      プレステ3とFF最新版をサンタに頼んでみたのですが・・・・・。どうだろね?





      | きょうちゃん | 教室の風景 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        「お茶会」と「子ども絵画教室」
         
        27日の金曜日は「おかあさんのお茶会」でした。


        無添加のラスクを中心に、お茶をしながら今回も「盛り上がり」ました〜。


        ここでは、いつも来られる方の共通のテーマを見ようと「タローデパリ」のカードを引きます。


        これがなかなか面白い・・・・。


        今回は、大アルカナが揃って出たので、「流れを受けとめる」こともテーマの一つ。


        おかあさん・・・と一口に言っても、「主婦」であり「母」であり「妻」であり「嫁」であり、はたまた「家事従事者=プロフェッショナル」、加えて「仕事人」だったりですが、本質のご自分は一人で、時々、本質を求めたくなりますよね。

        その時々にして行かないと行けない役割を、たいへんだよね〜なんて話しをしながら、こうやって、カードを引いたりすることで、本当の自分へとほんの少しの時間帰って行くのも楽しい・・・かな?と改めて感じています。



        次回は、12月22日(火) 13時半〜15時半までの予定です。


        因に「公開セッション」でもいい方は、おこしくださいね。通常のセッション料が、この時はお茶代コミの500円です♪(お得じゃん!)


        はたまた、この会では「年明け、日帰りかにツアー」も企画中・・・。いかに安く・・・いクかも検討中!!(どんだけ遊ぶねん〜!!)




        続いて土曜日は

        「子ども絵画教室」でした。

        涙・・・涙・・・またまたインフルエンザの影響で、欠席の子どもさんもおられて、少人数で開講させていただきました。


        午前中は小学生高学年のかしましグループ!
        「今日はなにする〜??」を皮切りに、いろいろチャレンジです。「自分たちで遊園地を作るとしたら?」をテーマに絵を描いてくれました。

        高学年さんともなると、よほどのことが無い限り、先生を必要としないので私は「仏画」をトレースして作画。



        そして、午後クラスは新しい「体験」のお友達が参加してくれました。特に、考えてクラス分けしてるのでは無いのですが、午後クラスは「集中」するお子さまが多くて、2時間では少ないかも?と思える充実ぶりです。



        うちのアトリエでは、自由出席なので、本当は全部で6名になるのですが、この日は2名。


        でも、まだまだ・・・続けたい〜という乗りの中で時間が来てしまいました。



        また次回楽しみましょうね!!









        | きょうちゃん | 教室の風景 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          お教室での今日の出来事
           2009年10月31日の今日

          巷では「新型インフルエンザ」が大流行で、子ども絵画教室でもその影響を受けてお休みが続出です。


          勿論、お熱を出したお子さんもいらっしゃるのですが,予防接種と重なったり、兄弟が感染して念のためお休みされた子なども・・・・


          午前中の部は3名


          午後の部は1名


          のお得な時間でした。


          ナゼお得か?と言うと、少人数の方が私がしっかりとお話を聴いてあげられるから・・・だけですがね(笑)流石に、5人の子どもが同時に話し出すと、なかなか十分・・・とは行かないので・・・・。



          午前の部では、子ども達は高学年なので「好きな事を好きな形で表現」しているので、私は11月、12月のスケジュール作り。

          実はいつもはぎりぎりで郵送が多く、今回は来ている子ども達だけはに手渡しできました。そしたら、一人のお子さんが封等の中を見て


          「あれ?先生。今日はお手紙ないの?」


          なんでも毎回お手紙を楽しみにしていてくれるらしく、慌ててお手紙を同封いたしました。



          ネットの世界が広がる中、手書きのお手紙は喜ばれるんですよね・・・・。有難い話しでした。





          そして



          午後からはたった一人のお子さんだけでしたが、彼女は少し前まで遊んでいた子どもさん2人も一緒に連れて来てしまいました。


          心では教室にいれてあげたいのはやまやまなのですが、そこは、ちゃんと参加費を納めてくれている方々もいる中、いいよ〜とは言えず、


          「お母さんからお願いされてからしか入れないの。ごめんね」と言ったのですが、子ども達は、来てくれてる彼女から、「なんでも好きに使える教室」+「おやつ付き」と聞いているので、なかなか戸の前から離れてくれず何度も「お断り」に行くはめに・・・・。


          今日は手伝いに来てくれていた息子が


          「入れてあげたらあかんの?!」と非難がましく言います。


          息子にもそこの所を含めて話しながら、なんともそれが「言い訳」じみてしまうのに違和感を感じた次第です。

          もう少し、ゆとりができれば「無料の教室」ができるのでしょうか?



          心のメンテナンスに「絵」や「粘土」、「工作」は本当に役にたちます。そんなことのあった今日一日でした。



          今日の一品




          写真立て
          | きょうちゃん | 教室の風景 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            昨日の絵画教室です
             17日は「アトリエ」の日。


            本日はアップする写真はありません〜。ごめんなさい。


            昨日はついていた一日でした。


            子ども達が来る前は、晴。


            子ども達が教室で制作中は、ザザ降り・・・・。


            自転車で帰れる?と心配するものの


            子ども達が帰る頃は、やや曇り。






            お天気さん、ありがとう!



            午後のクラスは「秋祭り」のため休講。




            私は、娘と2人で「デッサンのお勉強」


            久しぶりのデッサンをすると、まあ、なんと「腕が鈍っていることか・・・」

            考えて描いてしまうとだめなんだよな〜。わかっているのですが・・・。

            基本、大切なのは、「感覚」。







            | きょうちゃん | 教室の風景 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              秋の絵画教室の風景
               雨がやみ、お天気になりました。

              自転車3人組もこれで、アトリエに来るのも安心〜。

              気になるのはアトリエの庭がジャングル化していること。アトリエにはオーナーさんがいるから、勝手に綺麗に出来ないし、まあ、出来たとしても、勇気がない・・・・。

              まだ、薮蚊もいっぱいいるし・・・。



              秋のすがすがしい季節の始まりです。


              今回は作品紹介。

              絵画教室・・・・といいつつ、こどもたちは粘土(クレイ)がお好きです。粘土をこねこね・・・・の時は、ちょとつまんなかったり、怒られたりした時っていいみたいです。


              絵画風景



              これは、少し前の作品。


              で、これは


              絵画風景



              昨日の作品。


              作者は、小学生で〜す。


              さて、みんな、絵も書こうね〜。


              私は久しぶりにデッサンを基礎からやってみました。あはは!!

              書かないと忘れるもんだわ〜。透視法のやり直しか〜。先生も描くよ!!


              | きょうちゃん | 教室の風景 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                昨日はアトリエの日でした
                 9月5日

                昨日は絵画教室の日。さて・・・なんとなく体調の悪い感じを押して昨日は絵画教室をさせていただいたのですが、本調子がなかなか出ず、帰宅後38度の熱を出してしまいました(不覚!)

                季節柄・・・と、子ども達が続いてインフルにかかったので、「私もか!」と早々に解熱剤を飲んで床につきました。

                頭の中は

                「しまったな〜。アトリエの子ども達に移してないと良いのだけど・・・。まいったな〜。運動会のシーズンなのに・・・」と思いつつ、うつらうつら・・・。


                夜中、薬の切れた頃に再度計ってみると


                「平熱」でした。35度7部

                あれ???インフルならここで一気に40度近く上がるはずが・・・。


                朝になっても熱は再発せず、どうやらインフルでは無かったようです。ほっとした次第〜。


                もしかして?知恵熱?でしょうか(笑)



                さて、昨日はあたらしくお友達が増えました。小学生1年生のとても絵の好きな、絵の上手なお嬢様。幼稚園の時に、コンテストに入賞された事も多いとお伺いしました。


                その話をお聞きして、「絵を好き」でいられる雰囲気を一番大事にしているお教室ですが、時にはコンテスト・・・という手段も「結果」を手に入れる・・・という事では大事かもしれないと気がつきました。全員が参加でなくても良いので、出したいお子さまには出していただく事も一つの方法かな?と思いつつ。


                ココロ育てという形で運営をして来て、8年。


                少しづつ、形も変化させて行っても良いかもしれないと思う昨日でした。




                補足ですが


                夏休みの宿題で、別のお母様からこんなお話も頂きました

                「先生、夏休みの工作の宿題ですけど、夏休み明けに展示されるでしょ〜。うちの子の作品、毎年、主人が手を入れるから完成度すごく高くてね。でも、今年の夏は、アトリエで自分だけで創って行ったのを持って行かせたんです。そしたら、今までで一番、子どもらしくていいね〜って言われたんですよね。褒められたんですけどね♪」


                けっこう、このお母様のお話は気がつかされる事も多く、ちょっと紹介させていただいた。


                完成度の高い作品。とても良い事だと思うけど、その作品が出来上がるまでに、子どもが流した涙があるとすれば、それは「どうかな?」と思う。

                私も「怒られて完成度を高めた」夏休みの宿題・・・という記憶があるだけに・・・。


                親子が協力して「楽しみながら」完成度を高めた作品が「夏休みの工作」なら、想いでとともにそれはとてもステキな事なんだけど。
                | きょうちゃん | 教室の風景 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  8月22日のアトリエから
                   朝、9時に家を出るのがアトリエのある日の日課です。

                  お教室は10時から。

                  アトリエまでは、車で15分ぐらいですが、途中に「画材モチーフ、おやつ」を購入しに、9時のオープンと同時にスーパーへ寄るので、少し早い目に家を出ます。


                  季節によってモチーフは変わりますが、基本は「花」と「野菜または果物」


                  昨日は「ハウスみかん」と「いちじく」を購入

                  お花は、「リンドウ、ミニひまわり、すかしユリ」


                  モチーフを持っていっても、気が乗らない時はなかなか子ども達は書いてくれませんが、お花はあるだけでホッとするし、果物はコミュニケーションの一つになるし、欠かせない毎日です。



                  10時になり、午前のグループの子ども達が到着。


                  「夏休みの工作の宿題おわった?」と聞くと・・・・・、例年のごとく・・・・・

                  「先生〜、ここになんかない?今日作るわ〜」

                  おいっつ!!と思いつつ、材料を探して、2時間弱の突貫工事です。

                  だからさ〜、この前、どうすんの?って聞いたやんか〜・・・。と思いつつ、私がアシスタントになります。


                  どうすうの?と聞きながら進めないと、気が付くと「私の工作」になってたりするので、ここは要注意!


                  で、無事終了。いつもはゆっくり帰ってゆく午前の部の子ども達は「夏祭り」があると、さっさと帰ってゆきました。


                  教室の中での、しばしのお昼休憩。カップラーメンとサンドイッチで腹ごなし。

                  2時から午後の部です。

                  2人がお休みだったので、少人数でゆったりするはずが・・・・・・


                  やっぱり、夏休みの工作の宿題・・・・・。またもや、2時間の突貫工事・・・・。


                  なんとか、仕上がって嬉しそうに、そして大事そうに持ってかえるMちゃん。


                  次回は9月5日ね〜。


                  子どもの想像力は無限大です。強要することなく、自分が使いたい画材やモチーフを選びながら、色や形に興味を持ちながら「絵を好き」になってくれることができれば、本当に幸せに感じます。


                  次回からは、ちゃんと写真を撮ろう・・・・(反省)
                  | きょうちゃん | 教室の風景 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << October 2017 >>
                  PR
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                   2010年9・10月の教室スケジュール
                  2010年度 12月の日程です
                  12月4日(土)第1土曜日です
                  12月18日(土)第3土曜日です


                  2011年度 1月の日程です
                  1月8日(土)第2土曜日です
                  1月22日(土)第4土曜日です


                  午前クラス(10時〜12時)は
                  定員が一杯です。またの募集をお待ちください。



                  午後クラス(2時〜4時)は
                  若干の空席がございます。
                  下記より、お問合せください。

                  よろしくお願いします
                   お母さんのお茶会
                  しばらくの間、お休みです

                  参加費は500円
                  時間は午後1時半から3時半まで
                  お申し込みはコメントからもどうぞ!
                   お教室のお問い合わせは
                  ブロブのコメント欄では確認がすぐできないことに気がつきました。今までコメントを頂いたら数ヶ月前だったりと・・・・。(株)スターフィールドのお申し込みフォームからですと多分、すぐに対応できると思いますので、お急ぎの方はこちらからお問合せください。

                  フォームはこちら
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINKS
                  PROFILE
                  このページの先頭へ